イラクのがんの子どもたちの経済支援を行います。募金先郵便振替口座:00540-2-94945   口座名:日本イラク医療ネット 必ず通信欄に「患者支援」とお書き下さい
by jim--net
カテゴリ
全体
バスラ
アンマン
サブリーン
バグダッド
未分類
以前の記事
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
フォロー中のブログ
佐藤真紀のブログ-イラク...
メモ帳
最新のトラックバック
veuhile asif
from al iifap
auxurb xa
from ciuvoc ruocazak
wloexa zhaum..
from op ad
api oimobaj
from suozin uucoyahq
xeatu azinix
from lsoiha eanayocd
liov yzeumepe
from biimid yeadut
upotul einm
from wao aaqix
ndoacai opuve
from fe coorizu
icobelad uwa..
from wfie yaawa
eibej ujuqufa
from fqeiwese nwao..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

太陽の刺繍

8歳のマフムード君は2005年2月に体調を壊しましたが、イラクではきちんとした検査ができず、病名がはっきりしませんでした。通常白血病になると白血球の数が増えるのですが、マフムードの場合は、違っていました。そこで、2005年5月にヨルダンで診察を受けたところ、急性リンパ性白血病だと診断。今もヨルダンのキングフセインガンセンターに通っています。
今日は、マフムードのお姉さんサファの作品を紹介します。
レポートしてくれたBana さんは、普段は日本の保育園で働いていますが、休みを取っては、おもにパレスチナを訪問して、子どもたちと触れ合っています。今回はJIM-NETのボランティア活動に参加してくれました。

JIM-NETでは子どもたちの刺繍作品など希望される方にオークションを行います。収益はすべて、患者の家族へ直接届けます。



太陽の刺繍

9月7日午前。昨夜約束をした時間にSちゃんのお宅を訪問した。
「マルハバ-!」歯磨きを終えたばかりのサファちゃんが、にこやかな笑顔とともにあらわれた。サファちゃんは絵を描くのがとても上手な女の子。私はサファちゃんが描く太陽の絵が大好きだ。おだやかにふりそそぐ日差しを思わせる光線。
まぶたからのぞく優しい目。Sちゃんならではの太陽。
今日はその太陽をサファちゃん自身に刺繍してもらおうと思って来たのだ。

イラク人の彼女は少し発達が遅れているため、特殊教育センターに通わなければいけないのだが、現在どこにも通学できずにいる。なぜなら、イラクでは無料で通学できるセンターに、イラク人である彼女がヨルダンで通うためには、多額な費用がかかるからだ。今はほとんど家で過ごしているとのことだった。

サファちゃんは糸と針を手にした経験があまりないようだった。
ひょっとしたら彼女にはちょっとも難しいかもしれない。
でも、話をしてみると、目をきらきらさせて「やってみたい」と言う。
それでは、とまず下書きをしてもらった。さらさらと筆を進めるサファちゃん。
私の大好きなあの太陽の絵が、みるみるうちに紙に姿を現した。それを布に写し準備完了。
まず一刺し目。針を図柄どおりに刺そうとしている気持ちはよく伝わってくる
のだが、位置がずれそうになる。「うーん、もうちょっとこっち。」
日本語で話す私の言葉がわかるかのようにもう一度刺しなおそうとする。
今度は大丈夫。次はここから刺して、その次はここ・・・。
はじめのうちは裏から刺さなければいけないところを表から刺そうとしたり(子どもはどうしても見えるほうから刺そうとする傾向があるので)、糸を引っ張りきれずに裏側を見ると糸がからまりそうになったりしていたことがあったが、何度か繰り返すうちに、指す場所を慎重に確かめたり、裏側の状態を気にして糸をひっぱったり、私が声をかけなくても自分で考えて針を進めるようになった。20分たった頃、疲れていないか聞いたところ、「大丈夫」という。
ずっと集中し続けて大変なはずなのに、にっこりと笑顔で見つめ返す。
結局、そのまま続けて最後まで仕上げてしまった。
満足そうな表情。お母さんやお姉さんに作品を見てもらうと、これまたとびきりの笑顔を見せていた。誇らしそうな笑顔。
どこの国にいても一緒。子どもは簡単に大人の予想を裏切ってしまう。
この上なくうれしい裏切り。
どう?あなたが思っているよりも、もっともっとできちゃうんだから。
こうした瞬間に出会うたび、子どもの持つ力の素晴らしさに驚かされる。

お母さんが昔作ったという、刺繍が施されたベッドカバーを持ってきて見せてくれた。ピンクの糸で植物の図柄が美しく刺されていた。
それを手にしながら、お母さんがある素敵なエピソードを聞かせてくれた。
子どもたちの掛け布団のカバーにはおばあちゃんが刺した刺繍が施されている
とのこと。ひとりひとりの好きな色を聞いて、その色で「おやすみなさい」と刺繍されているとのことだった。大人たちの包み込むような子どもたちに対する愛情も、どこの国も一緒。
安心して、ぐっすり眠って、大きく大きくなーれ。
すこやかに、どうか無事に、健康に育ってほしい。
祈るような思い。

サファちゃんの初めての刺繍。
太陽の刺繍。
これからはきっと、お母さんに教わりながらいろいろな図柄を刺していくのだろうな。
サファちゃんが刺繍を刺す姿を想像して、何だかほんわりとした気持ちになった。

 ボランティア bana

d0079222_5203055.jpg

Banaさんとサファア
d0079222_5214070.jpg

初めての刺繍!
d0079222_5231736.jpg

[PR]
by jim--net | 2006-09-30 05:30 | アンマン

バスラに治療を終えて戻ってきました

バスラのイブラヒムからメールが届きました。サブリーンが無事に治療を終えてモスルからバスラに戻ってきたみたいですね。早速イブラヒムが家庭訪問をしました。
d0079222_259456.jpg

これがサブリーンの家、やっぱり住めば都
d0079222_301460.jpg

イブラヒムとも再開
d0079222_304090.jpg

弟たちとも久しぶりに遊んでいます。
詳しいことは来週、アンマンでイブラヒムの聞いてみましょう。
[PR]
by jim--net | 2006-09-08 03:01

サブリーンの最新映像です

バグダッドの状況は緊迫しています。イラクではテロや襲撃、拷問で一日平均100人が殺されているという有様。そんな中、サブリーンはイラク南端のバスラからわざわざ北端のモスルまで放射腺治療を受けに出かけて行きました。モスルは、バグダッドよりは安全のようで、サブリーンも安心して治療を受けれているようです。
d0079222_2115585.jpg
d0079222_2123464.jpg

現在モスルで放射腺療法を受けているサブリーンですが、イブラヒムによると後5日で治療を終えてバスラに戻ってくるそうです。
この写真は、モスルから送られてきた写真です。見た感じ元気そうなので治療がうまく行っているのでしょう。
バスラのイブラヒムも困難な中、友達ネットワークを駆使して、わざわざモスルから写真を取り寄せてくれたのです。ありがとう!イブラヒム!
d0079222_2215033.jpg

ちょっとぽっちゃりしてきたのは治療の副作用でしょうか?
バスラの病院よりきれいですね。
[PR]
by jim--net | 2006-09-02 02:23 | サブリーン